株式会社ノックス


コンクリート骨材露出用の表面凝結遅延剤
用   途
コンクリート打継のためのレイタンス処理

コンクリート面の骨材露出用
特   徴
コンクリートの凝結を遅延させるのが目的でコンクリート強度は低下させません。

コンクリート面は均一な骨材露出面が得られ、理想的な打継面と なります。

打継部はブラッシング、ハツリ等よりも接着強度は向上します。

露出面(エッチング)の深さは気温20℃で2.5〜5.0mmです。
使用方法

原液のまま使用する。

打設されたコンクリート面のブリージング水(浮水)が引いてから散布する。

散布量は1kg当り3〜4m2(250g/m2〜330g/m2)です。

コンクリート面の洗い出しは散布後8〜24時間内に 高圧洗浄します。

前以って洗い出し面をところどころブラッシングしておくと 洗い出しが容易にできます。

注   意
  リターダーYの凝結遅延効果はセメントの種類・量・養生温度に影響されるので洗い出しの時間は異なります。

早強セメント使用の場合は弊社にご相談下さい。

散布後は降雨でリターダーYが流出しないように養生して下さい。
荷   姿
リターダーY(18kg) リターダーTK(18kg)

性 能 表

 

 

 

 

 

リターダーの性質

種  類 性状
比重 PH エッチングの深さ(mm) 標準散布量
原液(g/m2)
使用道具
リターダーY 1.1 7.0 2.5〜5.0 300 スプレーヤー ジョウロ
リターダーTK 1.1 7.0 2.5〜5.0 300 ハケ
ローラー

[CLOSE]



用   途
型枠面(垂直面)の骨材露出用
使用方法
原液のまま使用する。

型枠にはロ−ラ−、又はハケにて塗布する。塗膜は乾燥するが、 遅延効果は変わらない。

標準塗布量は300g/m2です。

リタ−ダ−TK塗布後3日(20℃)以内にコンクリ−トを打設します。

コンクリ−ト打設後、7日(20℃)以内に型枠を脱型します。

コンクリ−ト面の洗い出し作業は型枠脱型後、すぐに高圧洗浄します。
注   意
型枠脱型のタイミングは養生温度に最も影響をうけます。

塗りむらのないように均一に塗布して下さい。

塗布後は雨水にあてないようにして下さい。


[CLOSE]



速乾型表面凝結遅延剤
用   途
PC版などの鉛直面の洗い出し

橋梁工事などの鉛直面のレイタンス処理

化粧骨材洗い出し
特   徴
速乾性なので、水性タイプのような液ダレがなく、洗い出しが不要な部分に流
 れません。

チッピング処理に比べ打ち継ぎ面の劣化がなく、処理時間の短縮が図れます 。

着色していますので、乾燥後も塗布部分の識別が出来ます。

多少の雨では流されません。

洗い出しの深さにより他に2タイプあります。
使用方法

溶液が沈殿、分離していますので、缶の底部まで棒で充分に攪拌し、沈殿分離がなくなるまで均一にして下さい。

攪拌機を使う場合は必ず防爆タイプを使ってください。

ローラー等で型枠に均一に200〜250g/u(2回塗り)塗布して下さい。

塗布後は、なるべく雨に当てないようにして下さい。

型枠脱型後はすぐに高圧洗浄機にてレイタンスを処理して下さい。

洗い出し深さはセメント量、セメントの種類、養生温度、養生期間、型枠の種類等により変動します。

コンクリート打設まで長時間あく場合は、予め試験を行って下さい。

国土交通省 新技術情報提供システム
NETIS登録番号 KT−090009−A
品番 洗い出し深さ 骨材粒径
ET-50 3〜4mm 白色 8〜22mm
注   意
消防法 : 危険物第四類第一石油類 火気厳禁

揮発性がありますので、作業中は換気を良くし、火気は近づけないで下さい
 。
作業後はフタを良く閉め涼しく、換気の良い場所に保管して下さい。

荷   姿

 

 

 

 

 

20s/缶  塗布面積は約80〜100u

 5s/缶  塗布面積は約20〜25u  5s/缶はET−50のみ


    ローラーにて均一に塗布         洗い出し後のコンクリート面

[CLOSE]